総合トップトップページ新着情報今日は何の日

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、化粧品や医薬品、そして食品などにも使用されている成分なので、意外と身近に存在するものなのです。
とくに、化粧品と医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が活用されています。
飲むヒアルロン酸・二型コラーゲン『活活(いきいき)』

⇒この記事の続きを読む
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 16:27 | Comment(0) | ヒアルロン酸 の働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸注射とサプリメント

ヒアルロン酸注射や注入するのと、サプリメントや化粧品によってヒアルロン酸を摂取するのでは、何が違うのでしょうか?
その答えは、一般に、ヒアルロン酸を注射や注入した方が、より高い効果が期待できるということです。

分子量の大きいヒアルロン酸は、そのままの大きさでは、直接肌から吸収することは難しいです。
また、ヒアルロン酸注射では、シワなど気になる部分だけを治療できますが、サプリメントによって補給する場合は、体全体に散らばってしまう可能性があります。
だから、保湿用化粧水などの化粧品を使っても、美容整形でヒアルロン酸注射を行なった場合と比べると、それほど高い効果を期待することはできません。

最近では、「低分子ヒアルロン酸」という分子量を低分子化したものが開発されています。
低分子ヒアルロン酸は、体への吸収率は良いのですが、体内での維持期間が短いことが欠点です。
また、鼻を高くしたり豊胸したりするには、ヒアルロン酸注射が有効ですが、サプリメントだけでは効果があまり期待できないでしょう。

一般的に、美容整形に行なうヒアルロン酸注射の方が、効果はより高く、長期間持続することができるということです。

ただ、日常生活において、ヒアルロン酸をサプリメントで補給することは、決して悪いこととは言えません。
また、その効果が全く期待できないわけでもありません。
加齢によってヒアルロン酸が不足したり、日常の食生活では不十分であったりする場合に、必要な量を補給するため、ヒアルロン酸を手軽に摂取することは良いことでしょう。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

美容整形では、ヒアルロン酸とコラーゲンを注入する治療が行なわれていますが、その違いは何なのでしょう。
コラーゲンは、美容整形においてヒアルロン酸と同じような効果があるとされていますが、それぞれに特徴があります。

ヒアルロン酸もコラーゲンも、手軽に美容整形を受けることができます。
また、これらを注射したり注入したりすることによって、体の中に取り入れるという点は同じです。
では、ヒアルロン酸もコラーゲンには、どのような違いがあるのでしょうか。

ヒアルロン酸を注入した場合のメリットは、通常、ヒアルロン酸の方が、コラーゲンよりも持続時間が長いことです。
また、コラーゲンは柔らかく、鼻を高くしたい場合など、ある程度の固さが必要となる美容整形には不向きですが、ヒアルロン酸を使用すればそのような整形も可能です。
さらに、コラーゲンを使用する場合は、事前にアレルギー反応の検査をする必要がありますが、ヒアルロン酸では、アレルギー反応がほとんど起こりません。

コラーゲンを注入した場合のメリットとしては、コラーゲンは柔らかいので、周りの組織になじみやすいことです。
また、ほとんど痛みが現れることがありませんし、費用も比較的に安いです。

コラーゲンとヒアルロン酸とでは、効果が同じように思われますが、実際の美容整形では、治療する部位や症状によって使い分けられています。
美容整形を受けるときに、もし、気になる事がある場合は、事前に医師に相談してください。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸注射で美容整形

鼻が低くて悩んでいる人でも、ヒアルロン酸注射による美容整形を行なうことで、高い鼻を実現することができます。

その場合、極細の注射を使用してヒアルロン酸を注入し、鏡で見て確認しながら、希望とする高さに調整していきます。
少量の注入では効果が出ない場合や、もっと効果を出しい場合は、ヒアルロン酸を追加して注入することもできます。
また、鼻の形を整えるプチ整形もできます。

鼻の美容整形で、ヒアルロン酸注射の治療を行なった場合、10分程度で終わります。
ヒアルロン酸の持続期間は、6ヶ月程度です。

ふっくらした唇にするために、ヒアルロン酸注射を行なう人も多いです。
それ以外にも、加齢による唇の縦ジワにもヒアルロン酸注射が有効です。

唇の美容整形はあまり聞いたことがないかもしれませんが、ヒアルロン酸注射を受けるだけで、手軽に顔の印象を変えることができます。
ただ、唇という器官は過敏なので、美容整形を受けた後に、場合によっては、腫れが現れることがあります。

あごを下に伸ばしたり、前に出したり、あごの形を整える美容整形にも、ヒアルロン酸注射が使用されます。
あごの場合は、ヒアルロン酸効果が9ヶ月程度と、ほかの部分に比べて長く持続します。
また、あごの形は、顔全体の輪郭を決めるので、その形によって顔の印象が大きく変わってきます。

唇もあごも、ヒアルロン酸を注入する美容整形にかかる時間は、10分程度です。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸とは

女性化粧品のCMや、最近では男性用の化粧品でもヒアルロン酸という栄養成分の名前をよく耳にしますね。
では、ヒアルロン酸とはどんな成分なのでしょうか?

「ヒアルロン酸」は、ムコ多糖類という細胞同士をつなげて、体の機能をスムーズにするための成分です。
また、ムコ多糖類は、タンパク質と結合することで、細胞の隙間を埋める働きもします。
つまり、肌の保湿や柔軟性を保持する役割を果たしている重要な成分なのです。

ヒアルロン酸は、人の皮膚の50%に存在しており、水分を蓄えておく力が強いです。
ムコ多糖類が減ると、体のあちこちに痛みを感じたり、肌にハリがなくなったりといった、老化現象が進んでしまいます。

もし、肌に潤いがなくなった気がする、肌が乾燥したり荒れたりしている、膝などの関節が痛む、目が乾燥する、といったことが気になるのなら、ヒアルロン酸が不足している可能性が十分にあります。
ヒアルロン酸が不足すると、肌は水分不足となり、乾燥してしまいがちです。特に女性にとっては大変な問題となります。また、関節や目にトラブルを引き起こすこともあります。
さらにこれらは、体を老化させる原因となります。

ですからヒアルロン酸は美しさの基本となる肌にとって重要なのです。

健康食品として、ヒアルロン酸が注目を浴びるようになったのは、食用ヒアルロン酸を投与した女性のほとんどが、手足や顔の肌荒れが改善した、ハリや潤いが現れた、という実験結果からです。

機械による保湿試験においても、水分を保持する機能の上昇が確認でき、生理痛の緩和、肩こりや腰痛、関節痛などの改善もみられました。
また、糖尿病に有効であることもわかっています。

補給されたヒアロルン酸は、そのまま細胞組織にならずに、消化吸収され体内の代謝によって再び合成されます。
そのため、よりヒアロルン酸を吸収しやすくするには、サプリメントによって摂取するのがおすすめです。
サプリメントは、低分子加工されているので、効果的に吸収できます。
少量のサプリメントを、毎日続けて摂取することが大切です。


関連リンク⇒ヒアルロン酸で素肌美人

低分子化マリンコラーゲン1,000mg配合!「ハリ・つやコラーゲン」
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 16:53 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸注射で若返り

美容整形によってシワをなくしたい、と望んでいる人は大変多いと思います。
シワになる原因はさまざまありますが、主に、加齢によって、肌の保水力が低下化したことが大きな原因です。
保水力が低下することで、ハリがなくなり、皮膚がたるんで「シワ」になってしまうのです。

ヒアルロン酸は、皮膚に多く含まれている成分で、保湿力に優れているので、シワに対する効果も非常に大きいです。
美容整形では、気になるシワの部分に極細の注射を使用して、ヒアルロン酸を注入します。
加齢によって不足したヒアルロン酸を補給することで、肌の保水力が向上し、ハリが出てきて、シワも目立たなくなるのです。

また、ヒアルロン酸注射によって、法令線を目立たなくする人も多いです。
「法令線」とは、鼻唇溝とも呼ばれ、小鼻から口元に向かう八の字型のシワのことです。
これは、加齢によって現れ、30代になると目立ってきます。
肌にハリを失うことで皮膚がたるみ、法令線が目立つようになります。

法令線を目立たなくするには、ヒアルロン酸注射を行ないます。
ヒアルロン酸を注入することで、保水力を向上させます。
そうすることで、皮膚にハリを与え、法令線を目立たなくなるのです。

さらに、こめかみがふっくらしていると、相手に優しい印象を与えます。
ふっくらとした「こめかみ」を求めて、美容整形する人も少なくありません。
この場合も、ヒアルロン酸注射で、こめかみにハリを与えることで、ふっくらとしたこめかみを実現し、顔全体が優しい表情になります。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸注射のメリットとデメリット

ヒアルロン酸注射や注入によって、美容整形を受ける一番のメリットは、手軽に短時間で美容整形を受けることができることです。
ヒアルロン酸注射は、プチ整形と呼ばれることからも、気になる部分の治療を短時間で受けることができ、大々的な手術を行なう必要もないので、痛みや傷跡の心配もありません。

また、これまで手術を受ける必要のあった美容整形においても、ヒアルロン酸を注入するだけで、短時間で手間もかけず、比較的安く行うことができるようになりました。
さらに、ヒアルロン酸とは、体内にもともとある物質であることから、安全面の心配もいりません。

シワやたるみを目立たなくするような、アンチエイジング効果を望む人や、豊胸や美しい胸を目指したい人は、ヒアルロン酸注射によるプチ整形を受けると良いでしょう。

ただし、ヒアルロン酸注射にもデメリットがあります。
ヒアルロン酸は、注射や注入しても、少しずつ体内に吸収されていってしまいます。
そのために、医学的に、ヒアルロン酸効果は、1年程度と言われています。
また、ヒアルロン酸を注入した箇所や治療の種類によっては、数ヶ月で体内に吸収され、効果が低下してしまうこともあります。

結婚式のために美しくなりたい、夏に水着を着るためにきれいな体型になりたい、など期間限定でプチ整形を行なうのであれば問題はありません。
しかし、長期間、ヒアルロン酸効果を維持したい場合は、ヒアルロン酸注射を定期的に行なう必要があるのです。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸注射・注入の流れ

ヒアルロン酸注射や注入によって、美容整形を受ける時の流れを説明します。

まずは、インターネットなどで情報収集することから始めましょう。
クリニックによっては、カウンセリングやメール相談を無料で受け付けてくれるところもあるので、利用してみると良いでしょう。
そして、信頼できるクリニックが見つかったら予約してください。
その際、ヒアルロン酸注射や料金などについて、わからないことや不安に思うことがあれば質問しておきましょう。

美容整形外科へ来店したら、カウンセリングを事前に行ないます。
ここでヒアルロン酸を注入する箇所や量などを決めます。

そして、ヒアルロン酸注射を行なう箇所を消毒します。
ヒアルロン酸には麻酔効果の成分が含まれていないので、場合によって、部分麻酔を行うことがあります

ヒアルロン酸注射は、状態をよく確認しながら行なっていきます。
美容整形を行なう箇所によっては、注射を数回打つ場合もあります。
状態が良くない場合は、希望によって、追加してヒアルロン酸を注入します。
追加注入を行なわなければ、注意事項を確認して終了です。

美容整形といっても、ヒアルロン酸注射は、短時間で簡単に治療することができます。
また、ヒアルロン酸注射を行なった後は、洗顔や化粧、入浴することができます。
ただし、気になることがあったり、クリニックで注意されたりした場合は、刺激を与えないように治療した部分を安静にしましょう。
また、腫れが現れた場合は、当日の入浴や洗顔は控え、心配な場合は、クリニックに相談してください。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸は、主にその分子の大きさによって分類することができます。
美容整形外科クリニックで、ヒアルロン酸を注射したり注入したりする場合は、体の部位やその状態によって、ヒアルロン酸分子の大きさを変えて、注射や注入しています。

ヒアルロン酸は、分子の量が小さいほどより早く吸収でき、大きいほど体内に残ることができる、という性質をもっています。
そこで、美容整形では、うまくその性質を利用して、ヒアルロン酸注射や注入を行なっています。

それでは、美容整形で使用されている、分子量が異なる3種類のヒアルロン酸を紹介します。
「バーレーン」は、粒子が大きく、注射や注入する箇所は、鼻唇孔のシワ、頬、こめかみです。
「レスチレン」は、粒子が比較的小さく、目の下のくぼみや額に注射や注入します。
「レスチレンファインライン」は、粒子が最も小さく、目の周りにある小ジワに注射や注入します。

また、ヒアルロン酸は、人工ヒアルロン酸と天然ヒアルロン酸という2種類に分類されます。
人工ヒアルロン酸は、ストレプトコッカスや乳酸菌などによるバイオ製法で作り出され、天然ヒアルロン酸は鶏のトサカなどから抽出します。
主流になっているヒアルロン酸は、バイオ製法によるものがほとんどです。
やはりその理由は、安価で大量に作り出すことができるからです。

また、美容整形でシワやたるみに対して行なうヒアルロン酸注射や注入では、加齢のために保水力が低下した肌に、ヒアルロン酸を補給することで、保水力を向上させ、効果的に若返りを実現させることができます。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛にはヒアルロン酸と筋トレ

腰痛で悩んでいる人は、たくさんいると思います。
この辛い腰痛を、少しでも緩和させるには、ヒアルロン酸のサプリメントを摂取することがおすすめです。
ヒアルロン酸の中でも、「低分子ヒアルロン酸」というものには、肌細胞の水分を保持するだけでなく、関節の痛みを緩和させるという特性をもっています。
低分子ヒアルロン酸とは、体へ吸収しやすくするやめに、小さいサイズまで分解したヒアルロン酸成分です。

ヒアルロン酸は体の中で生成されているのですが、加齢と共にヒアルロン酸の生成が減少していきます。
そこで、ヒアルロン酸を補給する必要があるのですが、ヒアルロン酸は体の中で少しずつ分解されるので、常に補給しないといけません。

ヒアルロン酸のサプリメントなどを飲んで摂取するだけで、ある程度、腰痛を和らげる効果はあります。
しかし、やはりサプリメントだけではなく、筋肉トレーニングをすることで、より効果が上がります。

それでは、腰痛に効果的な、簡単なエクササイズ(大腿四頭筋運動)を紹介します。
まず、仰向けになって寝て、ひざを伸ばしたままの状態で、右足を10〜15cmくらい持ち上げてください。
そのとき、必ずもう片方の脚のひざは、立てておくようにしましょう。
上げたままの状態で10秒間保ったら、脚を下ろしてください。
次に、同じようにして左足も行ないます。
これを、それぞれ10回ずつ繰り返してください
このエクササイズを行なっている最中には、筋肉をよく意識するようにしてください。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関節痛にヒアルロン酸

関節痛や腰痛、リウマチなどで悩んでいる人は、大変多いと思います。
階段を上ったり、長時間歩いたりすることが辛く感じるようになってきた、という人も注意が必要です。
これらの痛みは、そのまま放っておいたら、勝手に治まるようなものではありません。

近頃、注目を集めている「MSM」という成分は、そのような関節や腰痛の悩みを抱えている人におすすめです。
MSMとは、メチルサルフォニルメタンと言って、炎症や痛みを緩和させたり、関節や靭帯の修復補助をしたりすると言われています
欧米では、関節痛や腰痛を緩和させる治療薬として、すでにMSMを取り入れています。
北米原産デュータ松から精製されたMSMは、副作用がなく安全な天然物質と言われています。

また、これと同様の働きがあるとして知られているのが、「ヒアルロン酸」です。
その中でも、「低分子ヒアルロン酸」が特に注目されています。
低分子ヒアルロン酸は、体内細胞の水分を保ったり、関節の潤滑油として役立ったりと、非常に重要な働きをします。

ただ、「低分子ヒアルロン酸によって、膝痛が治る」という広告を目にすることがありますが、これに関しては誤解があります。
関節の内側には「滑膜」という組織があり、その滑膜からは「滑液」が分泌されていて、滑液にはヒアルロン酸が含まれています。
それは、関節の中で起こっている現象なので、サプリメントなどのようにヒアルロン酸を飲んで摂取しても、膝痛が緩和されることはないのです。
ちゃんとした治療を望むのなら、整形外科を受診し、ヒアルロン酸の皮下注射を受けるのが良いでしょう。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸とコラーゲン

乾燥肌を予防したり改善させたりするには、ヒアルロン酸とコラーゲンが重要となります。
いつまでも若々しい肌を保つためには、保湿力に優れたヒアルロン酸と、キメ細かい肌を作るコラーゲンが、大切な役割を果たします。

コラーゲンとは、皮膚の70%を占めているタンパク質の一種で、ハリのある肌を維持するための重要な成分です。
また、ヒアルロン酸は、間接や血管、骨にも多く含まれており、コラーゲンと同様に身体のそれぞれの部位で重要な働きをしています。

ヒアルロン酸とコラーゲンの生成は加齢と共に減少し、皮膚が乾燥する原因となります。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンは、食事などからでは、充分に摂取することはなかなか難しいです。
そのため、加齢による肌の変化を感じたら、サプリメントなどによって補給して、ハリのあるみずみずしい肌を保つことが大切です。

肌は何種類もの線維が織り重なっています。
そして肌の約70%は、コラーゲン線維が占めており、そのおかげで肌のハリを保持することができるのです。
そして、コラーゲン線維の間にあるヒアルロン酸の保水力によって、肌の潤いを保持するのです。
また、ヒアルロン酸と同じように、コラーゲンも加齢と共に減少するので、積極的に摂取するように心がけましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、乾燥肌の予防と改善に必要不可欠ですが、ほかにもビタミン類を摂ることも重要です。
ビタミンは、肌の新陳代謝を活発に促しますが、特にビタミンCにおいては、コラーゲンを生成する上で欠かせないビタミン類です。
野菜や果物などからビタミン類を摂るのが難しい場合は、サプリメントによって摂取すると良いでしょう
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸化粧品の真実

最近では、女性からヒアルロン酸の効果に注目が集まり、多くの化粧品にもヒアルロン酸が使われるようになっています。
化粧品売り場へ行くと、「ヒアルロン酸」と大きくラベルに書かれたものが目立ちます。

しかし、実際には、ほとんどヒアルロン酸が配合されていないものもあるのです。
あんなに大きく「ヒアルロン酸」と書かれた文字を見れば、ほとんどの消費者は、たっぷりとヒアルロン酸が配合されているに違いない、と思ってしまうでしょう。
効果的なヒアルロン酸が多く配合されているのかどうかは、かなり重要なことだと思います。

「ヒアルロン酸化粧品」と書かれたものが、本当にたくさんのヒアルロン酸が配合されているのかどうか、見分けることができる簡単な方法があります。
そこで、最も重要となる点は液体の粘度で、多くのヒアルロン酸が配合されているものは、粘度がそれだけ高くなっています。たとえば、粘度5%程度含まれているものだと、ハチミツのようにトロトロしています。
逆に、粘度の低いものは、シャバシャバしているので、そのような化粧水は、ヒアルロン酸は間違いなくあまり配合されていません。

次に重要なのが、商品に書かれた成分表示です。
もし、「ヒアルロン酸化粧品」と記されたもので、粘度がハチミツのようなものだとしても、ヒアルロン酸ではない増粘剤によって、その粘度を高めているものもあります。増粘剤には、グリセリンやブチレングリコールなどが知られています。

化粧品の成分表示は、配合されている成分の濃度が高い順に記載されています。
だから、それらの増粘剤がはじめのほうに書かれていたり、最後のほうにヒアルロン酸が書かれていたりしたら、あまりヒアルロン酸が配合されていないということになります。
一度、あなたの持っている化粧品でも、確かめてみてくださいね
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸と加齢

ヒアルロン酸と加齢

ヒアルロン酸は、保水力に優れていますが、加齢と共に体の中から減少していってしまいます。
そのため、年を取ると、皮膚の潤いやハリがなくなってくるのです。
そこで、効果的にヒアルロン酸を摂取し、補給することで、皮膚の保湿力をアップさせる必要があります。
そうすることで、潤いとハリのあるみずみずしい美肌を実現させることができるのです。

ヒアルロン酸が不足すると、肌の保湿性や弾力性、潤いが失われてしまい、たるみやシワ、シミを生成させる原因になってしまいます。
また、腰痛や関節痛、老眼などの症状が表れることがあります。
これらの症状が現れる部分は、ヒアルロン酸の量がもともと多く存在しています。
そのため、加齢によって減少したヒアルロン酸の分は、サプリメントを摂取するなど、外から補給する必要があるのです。

ヒアルロン酸は、生体の細胞間をつなげることで、一つ一つの機能をスムーズに働かせる役目を果たします。
そして、肌の潤いやハリを維持する効果があります。
また、美容効果だけでなく、腰痛や関節痛を予防する効果も期待できます。

体内に存在するヒアルロン酸は、年を取ると共に減少し、40代以降になると急激に減少してきます。そこで、ヒアルロン酸を外から摂取することで、この原因が緩和されます。
そのため、ヒアルロン酸は、美容と健康に広く活用されており、女性から注目を浴びるようになりました。

また、ヒアルロン酸が多く含まれている食材は、豚足や鶏肉の皮などで、普段使用する食材にはあまり含まれていません。
そこで、サプリメントなどからヒアルロン酸を摂取するのがおすすめです。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、体内の細胞を潤し、細胞内の奥まで、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養素を浸透させます。
そして、肌をなめらかで美しい状態に整えて、体質を改善させる役割を果たしています。

人間の体は70%が水分で、60兆ある細胞の隙間を、ムコ多糖というネバネバの物質が埋めています。
その中でもヒアルロン酸ムコ多糖は、保水力が非常に優れており、体内に水分を保ち形成しています。

タンパク質の一種であるコラーゲンは皮膚にハリを与え、ヒアルロン酸は皮膚に潤いを与えます。
ヒアルロン酸が不足すると、人間の皮膚はカサカサになってきます。
また、皮膚の弾力もなくなり、シワが出てきます。

ヒアルロン酸には美容以外の効果もあります。
ヒアルロン酸には、更年期障害を改善させたり、卵巣の働きを助けたりするといった効果もあります。
また、生理痛を緩和したり、性器の老化症を改善したりする効果もあります。

老化に伴って、動脈硬化が促進されますが、ヒアルロン酸は、その動脈硬化を改善させる働きをします。
さらには、血管の老化を防いだり、骨粗鬆症を予防したりします。
身体の老化を促したり、生活習慣病などを引き起こしたりする「活性酸素」を取り除く効果もあることがわかっています。

また、ヒアルロン酸は、β-カロチンの協力により、紫外線をカットする働きをするので、シミやそばかすの生成を防ぎます。
このように、ヒアルロン酸は、女性にとってなくてはならに存在なのです。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸で素肌美人
ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、化粧品や医薬品、そして食品などにも使用されている成分なので、意外と身近に存在するものなのです。
とくに、化粧品と医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が活用されています。

赤ちゃんの肌は、とてもみずみずしくてハリがありますよね。
それは、ヒアルロン酸が多く含まれているからなのです。
優れた保水力をもつヒアルロン酸は、皮膚に潤いを与えるために、化粧水や入浴剤、スキンクリームなどに使用されています。
また、洗眼液や洗口液にも使用されています。

医薬品には、高純度のヒアルロン酸が使用されています。
ヒアルロン酸のさまざまな特性を活かして、眼科手術補助剤や点眼剤、関節機能改善剤など使用されています。

私たちの体内にも、ヒアルロン酸は広く存在しています。
部位によってその濃度は異なりますが、特に皮膚やへその緒、目の中の硝子体、関節液などで、濃度が高くなっています。

皮膚は表皮、真皮、脂肪層の3つの層に分かれていますが、その表皮の下にある真皮は、厚みが表皮の約10倍あり、多くのヒアルロン酸を含んでいて、肌が乾燥しないように働いています。

目の中の硝子体は、眼球の水晶体後方にある透明なゼリー状の組織で、たくさんのヒアルロン酸が含まれており、眼球を丸い状態に保つ働きをしています

また、関節内の関節液には、たくさんのヒアルロン酸が含まれていて、関節の動きをスムーズにするに働きをしています。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の健康食品は安全?

ヒアルロン酸は、脊椎動物の全てに存在していて、皮や結合組織にも広い範囲で存在しています。
昔から、私たち人間が食べてきた食物には、多くのヒアルロン酸が含まれています。
たとえば、鶏肉は皮の部分も一緒に食べることが多いと思います。
また、中国やフランスでは、料理に鶏のトサカを食材として使用してきたとこもあります。

ただ、健康食品などには、ヒアルロン酸が非常に高い濃度で含まれているので、普段の食事で摂取する量に比べてかなり多くなってしまいます。
それでは、大量にヒアルロン酸を摂取しても危険ではないのでしょうか?

体質によって、高度に精製加工された食品を大量に摂った場合、拒否反応が現れることがあります。ヒアルロン酸においても、それを否定できません。
しかし、ヒアルロン酸は、有効な医薬品の成分として認められているので、その安全性が厳密な条件によって明確になっています。
また、ヒアルロン酸が含まれた健康食品で、これまで健康被害の報告はとくにないので、一般のサプリメントと同じように、安心して摂取することができるでしょう。

臨床試験の報告によると、1日に120mg摂取した場合に、皮膚の荒れやシワが改善し、水分が上昇したことなどが確認されました。
そのことから、ヒアルロン酸を健康食品として摂取する場合、1日に120mgが目安だと報告されています。
ただし、あくまでも健康食品なので、摂取量は目安ということを覚えておきましょう。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。