総合トップトップページ新着情報今日は何の日

ヒアルロン酸の種類


ヒアルロン酸 の種類には
ヒアルロン酸 は、主にその分子の大きさによって分類することができます。
美容整形外科クリニックで、ヒアルロン酸を注射したり注入したりする場合は、体の部位やその状態によって、ヒアルロン酸分子 の大きさを変えて、注射や注入しています。

ヒアルロン酸は、分子の量が小さいほどより早く吸収でき、大きいほど体内に残ることができる、という性質をもっています。
そこで、美容整形では、うまくその性質を利用して、ヒアルロン酸注射 や注入を行なっています。



ヒアルロン酸コラーゲン
それでは、美容整形で使用されている、分子量が異なる3種類のヒアルロン酸を紹介します。
「バーレーン」は、粒子が大きく、注射や注入する箇所は、鼻唇孔のシワ、頬、こめかみです。
「レスチレン」は、粒子が比較的小さく、目の下のくぼみや額に注射や注入します。
「レスチレンファインライン」は、粒子が最も小さく、目の周りにある小ジワに注射や注入します。

また、ヒアルロン酸 は、人工ヒアルロン酸と天然ヒアルロン酸という2種類に分類されます。
人工ヒアルロン酸は、ストレプトコッカスや乳酸菌などによるバイオ製法で作り出され、天然ヒアルロン酸は鶏のトサカなどから抽出します。
主流になっているヒアルロン酸は、バイオ製法によるものがほとんどです。
やはりその理由は、安価で大量に作り出すことができるからです。

また、美容整形でシワやたるみに対して行なうヒアルロン酸注射 や注入では、加齢のために保水力が低下した肌に、ヒアルロン酸 を補給することで、保水力を向上させ、効果的に若返りを実現させることができます。

コラーゲン& ヒアルロン酸セット

posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 14:27 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛にはヒアルロン酸と筋トレ


腰痛で悩んでいる人は、たくさんいると思います。
この辛い腰痛を、少しでも緩和させるには、ヒアルロン酸のサプリメントを摂取することがおすすめです。
ヒアルロン酸の中でも、「低分子ヒアルロン酸」というものには、肌細胞の水分を保持するだけでなく、関節の痛みを緩和させるという特性をもっています。
足低分子ヒアルロン酸とは、体へ吸収しやすくするやめに、小さいサイズまで分解したヒアルロン酸成分です。




ヒアルロン酸は体の中で生成されているのですが、加齢と共にヒアルロン酸の生成が減少していきます。
そこで、ヒアルロン酸を補給する必要があるのですが、ヒアルロン酸は体の中で少しずつ分解されるので、常に補給しないといけません。

位置情報ヒアルロン酸のサプリメントなどを飲んで摂取するだけで、ある程度、腰痛を和らげる効果はあります。
しかし、やはりサプリメントだけではなく、筋肉トレーニングをすることで、より効果が上がります。

それでは、腰痛に効果的な、簡単なエクササイズ(大腿四頭筋運動)を紹介します。
まず、仰向けになって寝て、ひざを伸ばしたままの状態で、右足を10?15cmくらい持ち上げてください。
そのとき、必ずもう片方の脚のひざは、立てておくようにしましょう。
上げたままの状態で10秒間保ったら、脚を下ろしてください。
次に、同じようにして左足も行ないます。
これを、それぞれ10回ずつ繰り返してください
このエクササイズを行なっている最中には、筋肉をよく意識するようにしてください。



≫骨盤ダイエットの決定版



posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 12:33 | Comment(0) | 腰痛には ヒアルロン酸 と筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸と関節痛


関節痛や腰痛、リウマチなどで悩んでいる人は、大変多いと思います。
階段を上ったり、長時間歩いたりすることが辛く感じるようになってきた、という人も注意が必要です。
これらの痛みは、そのまま放っておいたら、勝手に治まるようなものではありません。




近頃、注目を集めている「MSM」という成分は、そのような関節や腰痛の悩みを抱えている人におすすめです。
MSMとは、メチルサルフォニルメタンと言って、炎症や痛みを緩和させたり、関節や靭帯の修復補助をしたりすると言われています
欧米では、関節痛や腰痛を緩和させる治療薬として、すでにMSMを取り入れています。
北米原産デュータ松から精製されたMSMは、副作用がなく安全な天然物質と言われています。

また、これと同様の働きがあるとして知られているのが、「ヒアルロン酸」です。
その中でも、「低分子ヒアルロン酸」が特に注目されています。
低分子ヒアルロン酸は、体内細胞の水分を保ったり、関節の潤滑油として役立ったりと、非常に重要な働きをします。

ただ、「低分子ヒアルロン酸によって、膝痛が治る」という広告を目にすることがありますが、これに関しては誤解があります。
関節の内側には「滑膜」という組織があり、その滑膜からは「滑液」が分泌されていて、滑液にはヒアルロン酸が含まれています。
それは、関節の中で起こっている現象なので、サプリメントなどのようにヒアルロン酸を飲んで摂取しても、膝痛が緩和されることはないのです。
ちゃんとした治療を望むのなら、整形外科を受診し、ヒアルロン酸の皮下注射を受けるのが良いでしょう。






posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 11:42 | Comment(0) | ヒアルロン酸 と関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸とコラーゲン




乾燥肌を予防したり改善させたりするには、ヒアルロン酸コラーゲンが重要となります。
いつまでも若々しい肌を保つためには、保湿力に優れたヒアルロン酸と、キメ細かい肌を作るコラーゲンが、大切な役割を果たします。
 




コラーゲンとは、皮膚の70%を占めているタンパク質の一種で、ハリのある肌を維持するための重要な成分です。
また、ヒアルロン酸は、間接や血管、骨にも多く含まれており、コラーゲンと同様に身体のそれぞれの部位で重要な働きをしています。

ヒアルロン酸コラーゲンの生成は加齢と共に減少し、皮膚が乾燥する原因となります。
また、ヒアルロン酸コラーゲンは、食事などからでは、充分に摂取することはなかなか難しいです。
そのため、加齢による肌の変化を感じたら、サプリメントなどによって補給して、ハリのあるみずみずしい肌を保つことが大切です。

肌は何種類もの線維が織り重なっています。
そして肌の約70%は、コラーゲン線維が占めており、そのおかげで肌のハリを保持することができるのです。
そして、コラーゲン線維の間にあるヒアルロン酸の保水力によって、肌の潤いを保持するのです。
また、ヒアルロン酸と同じように、コラーゲンも加齢と共に減少するので、積極的に摂取するように心がけましょう。

ヒアルロン酸コラーゲンは、乾燥肌の予防と改善に必要不可欠ですが、ほかにもビタミン類を摂ることも重要です。
ビタミンは、肌の新陳代謝を活発に促しますが、特にビタミンCにおいては、コラーゲンを生成する上で欠かせないビタミン類です。
野菜や果物などからビタミン類を摂るのが難しい場合は、サプリメントによって摂取すると良いでしょう。




posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 16:33 | Comment(0) | ヒアルロン酸 と コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。