総合トップトップページ新着情報今日は何の日

わかさ生活「ヒアルロン酸」で潤いを

赤ちゃんのプリプリの肌は、誰もが憧れると思います。
そのハリとつやの秘密は、ヒアルロン酸にあるのです。
ヒアルロン酸は、「保水力」という、水分を内側に保持する力をもっています。

ところが、体内にあるヒアルロン酸は、年齢を重ねるごとに減っていってしまいます。
若さを保つには、失われていってしまう大切なヒアルロン酸を、できるだけ補う必要があるのです。
ただ、普段の食生活では、十分な量をなかなか摂ることが困難です。
そこで、おすすめなのが、サプリメントで摂取する方法です。
サプリメントで、手軽に毎日補って、潤いとハリのある美しい肌を、いつまでも保っていきたいものですね。

わかさ生活の「ヒアルロン酸」は、1粒の中に、美しい肌のもとであるヒアルロン酸を、60mgも含まれています。
さらに、「ヒアルロン酸」と抜群の相性である「コラーゲン」や、コラーゲンの力を引き出す「セラミド」など、美しい肌のもととなる成分も配合されているので、肌の衰えに悩む方の強い味方になるでしょう。

それでは、実際に、わかさ生活の「ヒアルロン酸」を使っている方のコメントを紹介します。
この方は、季節に関係なく、肌が常に乾燥していたそうです。
夏でも、冷房による乾燥や外の紫外線により、肌がカサカサしており、一年中悩まされていました。
肌の潤いは、内側から保つ必要があること聞いて、わかさ生活の「ヒアルロン酸」を飲み始めました。
そして、飲み続けているうちに、肌の手触りに変化が出てきたそうです。
とくに、洗顔をしていると、肌がつるつるとしていて、手触りがとても気持ちよく感じるようになりました。
今年は、夏の冷房も気にしないそうです。

あなたも、わかさ生活の「ヒアルロン酸」で、美しい肌を手に入れてくださいね。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸と加齢

ヒアルロン酸は、保水力に優れていますが、加齢と共に体の中から減少していってしまいます。
そのため、年を取ると、皮膚の潤いやハリがなくなってくるのです。




そこで、効果的にヒアルロン酸を摂取し、補給することで、皮膚の保湿力をアップさせる必要があります。
そうすることで、潤いとハリのあるみずみずしい美肌を実現させることができるのです。

ヒアルロン酸が不足すると、肌の保湿性や弾力性、潤いが失われてしまい、たるみやシワ、シミを生成させる原因になってしまいます。

また、腰痛や関節痛、老眼などの症状が表れることがあります。
これらの症状が現れる部分は、ヒアルロン酸の量がもともと多く存在しています。
そのため、加齢によって減少したヒアルロン酸の分は、サプリメントを摂取するなど、外から補給する必要があるのです。

ヒアルロン酸は、生体の細胞間をつなげることで、一つ一つの機能をスムーズに働かせる役目を果たします。
そして、肌の潤いやハリを維持する効果があります。
また、美容効果だけでなく、腰痛や関節痛を予防する効果も期待できます。

体内に存在するヒアルロン酸は、年を取ると共に減少し、40代以降になると急激に減少してきます。そこで、ヒアルロン酸を外から摂取することで、この原因が緩和されます。

そのため、ヒアルロン酸は、美容と健康に広く活用されており、女性から注目を浴びるようになりました。

また、ヒアルロン酸が多く含まれている食材は、豚足や鶏肉の皮などで、普段使用する食材にはあまり含まれていません。
そこで、サプリメントなどからヒアルロン酸を摂取するのがおすすめです。





posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 05:23 | Comment(0) | ヒアルロン酸 と加齢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、体内の細胞を潤し、細胞内の奥まで、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養素を浸透させます。
そして、肌をなめらかで美しい状態に整えて、体質を改善させる役割を果たしています。

人間の体は70%が水分で、60兆ある細胞の隙間を、ムコ多糖というネバネバの物質が埋めています。
その中でもヒアルロン酸ムコ多糖は、保水力が非常に優れており、体内に水分を保ち形成しています。

タンパク質の一種であるコラーゲンは皮膚にハリを与え、ヒアルロン酸は皮膚に潤いを与えます。
ヒアルロン酸が不足すると、人間の皮膚はカサカサになってきます。
また、皮膚の弾力もなくなり、シワが出てきます。

ヒアルロン酸には美容以外の効果もあります。
ヒアルロン酸には、更年期障害を改善させたり、卵巣の働きを助けたりするといった効果もあります。
また、生理痛を緩和したり、性器の老化症を改善したりする効果もあります。

老化に伴って、動脈硬化が促進されますが、ヒアルロン酸は、その動脈硬化を改善させる働きをします。
さらには、血管の老化を防いだり、骨粗鬆症を予防したりします。
身体の老化を促したり、生活習慣病などを引き起こしたりする「活性酸素」を取り除く効果もあることがわかっています。

また、ヒアルロン酸は、β-カロチンの協力により、紫外線をカットする働きをするので、シミやそばかすの生成を防ぎます。
このように、ヒアルロン酸は、女性にとってなくてはならに存在なのです。
★膨らむ!ヒアルロン酸で乾燥・小じわをケア★今だけトライアル1575円









posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 09:59 | Comment(0) | ヒアルロン酸効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、化粧品や医薬品、そして食品などにも使用されている成分なので、意外と身近に存在するものなのです。





とくに、化粧品と医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が活用されています。

赤ちゃんの肌は、とてもみずみずしくてハリがありますよね。
それは、ヒアルロン酸が多く含まれているからなのです。

優れた保水力をもつヒアルロン酸は、皮膚に潤いを与えるために、化粧水や入浴剤、スキンクリームなどに使用されています。
また、洗眼液や洗口液にも使用されています。

医薬品には、高純度のヒアルロン酸が使用されています。
ヒアルロン酸のさまざまな特性を活かして、眼科手術補助剤や点眼剤、関節機能改善剤など使用されています。

私たちの体内にも、ヒアルロン酸は広く存在しています。
部位によってその濃度は異なりますが、特に皮膚やへその緒、目の中の硝子体、関節液などで、濃度が高くなっています。

皮膚は表皮、真皮、脂肪層の3つの層に分かれていますが、その表皮の下にある真皮は、厚みが表皮の約10倍あり、多くのヒアルロン酸を含んでいて、肌が乾燥しないように働いています。

目の中の硝子体は、眼球の水晶体後方にある透明なゼリー状の組織で、たくさんのヒアルロン酸が含まれており、眼球を丸い状態に保つ働きをしています

また、関節内の関節液には、たくさんのヒアルロン酸が含まれていて、関節の動きをスムーズにするに働きをしています。


関連記事リンク⇒ヒアルロン酸で素肌美人







posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 10:38 | Comment(0) | ヒアルロン酸 の働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「飲むヒアルロン酸」とは?

ヒアルロン酸は、年齢と共に減少していき、成人を過ぎると、胎児と比較して4分の1程度にまで減ってしまいます。
また、ヒアルロン酸は、普段の食事からでは、なかなか摂取することが困難です。
そして、成人は、非常にヒアルロン酸の代謝が速いので、ヒアルロン酸の量を十分保持するのが難しいそうです。
そのため、日常的に、サプリメントなどの「飲むヒアルロン酸」を摂取することで、不足している分を補給しましょう。

赤ちゃんの肌には、ヒアルロン酸がとても多く含まれています。
ヒアルロン酸が与える効果は、潤いを肌表面の角質層に与えて、真皮の水分を維持し、なめらかな肌にします。
また、乾燥肌で悩んでいる人は、ヒアルロン酸を摂取することを心がければ、赤ちゃんのようなみずみずしくハリのある肌を手に入れることができます。

ヒアルロン酸は、眼の中にある硝子体にも含まれているので、ヒアルロン酸を飲んで摂取することは、ドライアイを改善させる効果もあります。
また、脳にも多くのヒアルロン酸が含まれており、加齢によって少しずつ破壊されたり、萎縮したりした脳と骨との間を埋めています。

さらに、女性の卵巣にも、多くのヒアルロン酸が含まれているので、生理痛に悩んでいる人にも効果があります。
また、ヒアルロン酸の不足によって、動脈硬化が起こることもあることから、ヒアルロン酸を摂取して、血管も健康な状態に保ちましょう。
そして、加齢によって起こるさまざまな病気や障害などから逃れるためにも、ヒアルロン酸の摂取を心がけましょう。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の健康食品は安全?

ヒアルロン酸は、脊椎動物の全てに存在していて、皮や結合組織にも広い範囲で存在しています。
昔から、私たち人間が食べてきた食物には、多くのヒアルロン酸が含まれています。
たとえば、鶏肉は皮の部分も一緒に食べることが多いと思います。
また、中国やフランスでは、料理に鶏のトサカを食材として使用してきたとこもあります。

ただ、健康食品などには、ヒアルロン酸が非常に高い濃度で含まれているので、普段の食事で摂取する量に比べてかなり多くなってしまいます。
それでは、大量にヒアルロン酸を摂取しても危険ではないのでしょうか?
smileS.gif
体質によって、高度に精製加工された食品を大量に摂った場合、拒否反応が現れることがあります。ヒアルロン酸においても、それを否定できません。
しかし、ヒアルロン酸は、有効な医薬品の成分として認められているので、その安全性が厳密な条件によって明確になっています。
また、ヒアルロン酸が含まれた健康食品で、これまで健康被害の報告はとくにないので、一般のサプリメントと同じように、安心して摂取することができるでしょう。

臨床試験の報告によると、1日に120mg摂取した場合に、皮膚の荒れやシワが改善し、水分が上昇したことなどが確認されました。
そのことから、ヒアルロン酸を健康食品として摂取する場合、1日に120mgが目安だと報告されています。
ただし、あくまでも健康食品なので、摂取量は目安ということを覚えておきましょう。


関連リンク⇒ヒアルロン酸で素肌美人


★膨らむ!ヒアルロン酸で乾燥・小じわをケア★今だけトライアル1575円


posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 14:23 | Comment(0) | ヒアルロン酸 の健康食品は安全? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーヒアルロン酸配合「極潤シリーズ」

ロート製薬の「ハダラボ 極潤シリーズ」は、ヒアルロン酸よりも、保水力が約2倍優れているという「スーパーヒアルロン酸」を配合しています。

ヒアルロン酸は、1グラムで6リットルの水分を保つことができますが、スーパーヒアルロン酸は、その約2倍もの水分を保持することができます。
「ハダラボ 極潤シリーズ」は、そのスーパーヒアルロン酸を配合しているので、保水力に大変優れており、素肌を覆っている皮脂膜にとてもなじみやすいです。
また、素肌に潤いを与え、角質層から失われやすい潤いも逃がすことなく、長時間素肌の潤いを保ち続けるのです。

ハダラボ「モイスト化粧水」は、たっぷりの潤いで素肌を満たして、優れた保湿力でその状態をしっかりと保ちます。
また、「モイスト化粧水ライトタイプ」は、とてもさっぱりとした使い心地なので、夏場などベタつく季節やオイリー肌に悩む人もおすすめです。

「モイスト乳液」は、とろりとしていて、油分をしっかりと与えてくれます。
そして、肌に長時間潤いを与えます。
ジェルタイプの「モイスト美容液EX」は、スーッと肌になじむのに、たっぷりの潤いを肌に与えます。
そして、肌が長時間もちもちでしっとりとした状態が続きます。

さらに、「極潤ヒアルロンマスク」は、「極潤」の愛用者の声をもとに作られました。
「極潤ヒアルロンマスク」にも、保水力に大変優れたスーパーヒアルロン酸を配合しています。
柔らかく気持ちの良いマスクが密着することで、角質層の一つ一つの細胞まで潤いを補給してくれます。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバーライフの「皇潤」

ヒアルロン酸で素肌美人
エバーライフ「皇潤」


ヒアルロン酸という成分は、人間の体内にもともと存在し、脳、皮膚、関節、目など、体のあちこちに存在しています。
ところが、ヒアルロン酸は、加齢によって減少していってしまいます。
また、日常の食事でヒアルロン酸を補給しようとしても、普段の食事で使われる食材からでは、積極的に摂取することは難しいです。

食物に含まれているヒアルロン酸は、分子量が一般的に大きいと言われます。
そこでエバーライフの「皇潤」は、ヒアルロン酸を低分子化して、効率よく吸収できるように開発されました。
また、エバーライフでは、安全な原料を厳選し、丹念に製造されています。

それでは、実際に「皇潤」を飲んでいる人の感想を紹介します。
この人は、60歳を過ぎた頃から、膝の調子が悪くなり、ちょっと立ったり座ったりするだけで激痛が走り、とても悩まされていました。
そのうち、日常生活にも支障が出てくるようになったため、多くの整体や病院などに行ったのですが、あまり満足のいく持続的な効果はなかったそうです。

そして、諦めかけていた頃に、知人から聞いて「皇潤」のことを知りました。
はじめは、半信半疑で「皇潤」を飲んでいたのですが、少しずつ膝の調子が良くなることを実感できるようになりました。
膝の痛みも和らぎ、外出する機会も多くなりました。
そして、毎日が楽しくなって、家族も喜んでいるそうです。

この人は、4年間、皇潤を飲み始めていますが、これからもずっと飲み続けていくそうです。




posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然ヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の化粧品やサプリメントは、顔に塗ったり、飲んで体に入れたりするので、完全に安心できるものであることが望ましいですよね。

それでは、あなたが使っていたり、飲んでいたりしているヒアルロン酸は、どんなものから作られているか知っていますか?
最近では、野菜などの生鮮食品では、生産した人の顔がわかるような商品が多くなってきています。ところが、化粧品やサプリメントにおいては、あまりそれが浸透していないのが現状です。

また、ヒアルロン酸には、天然のものと人工のものがあることを知っていますか?
動物の天然成分か作られる「天然ヒアルロン酸」と、バイオ製法で人工的に作られた「人工ヒアルロン酸」があります。

人間の体内には、天然のヒアルロン酸が存在していますが、動物も同様に、牛や鶏のトサカなどに多くの天然ヒアルロン酸が含まれています。

人工ヒアルロン酸は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)という微生物などから、バイオ製法によって、ヒアルロン酸を製造しています。
この製法だと、大量に製造することができ、安い価格で販売されています。
ところが、安全面を考慮するのなら、「ECM・E」という特許表示がされているヒアルロン酸を選ぶと良いでしょう。

実は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)とは、「人食いバクテリア」とも呼ばれており、扁桃炎や急性咽頭炎、中耳炎などの症状を起こすことのある菌類です。
それを、バイオ製法によって、そこからヒアルロン酸を作り出しているのです。

飲むヒアルロン酸は、直接私たちの体に摂り入れるものなので、人工的に作られたものなのか、天然由来のものなのか、しっかりと成分表示を確認することが大切です。
安心して飲むには、なるべく天然ヒアルロン酸成分を含んだものを選ぶようにしましょう。
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、化粧品や医薬品、そして食品などにも使用されている成分なので、意外と身近に存在するものなのです。
とくに、化粧品と医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が活用されています。
飲むヒアルロン酸・二型コラーゲン『活活(いきいき)』

⇒この記事の続きを読む
posted by ヒアルロン酸 素肌美人 記録の細道 at 16:27 | Comment(0) | ヒアルロン酸 の働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。